歌手・ミュージシャン・アイドル・タレント・グラビア・女優などを目指す方を応援!芸能事務所のV-Creation

花岡 環プロフィール

HOME | 所属タレント | 花岡 環プロフィール

花岡 環(はなおか たまき)

花岡環 バストアップ2
花岡環 全身

【基本情報】

  • 氏名 花岡 環
  • 生年月日 1992年8月11日
  • 血液型 A型
  • 出身 千葉県
  • 身長/体重 155cm 55kg
  • スリーサイズ B81 W68 H87
  • 靴のサイズ 24cm
  • 特技 バスケットボール、イラストを描く、小説の物語を作る
  • 趣味 読書、アニメ鑑賞、骨壺や棺桶を見る、小説を書く
  • 最終学歴 千葉県立市原高等学校 中退
  • 長所 仮説を立てて、何事も前向きにとらえる
  • 短所 考え込むと周りの音が聞こえなくなる
  • 好きな食べ物 親子丼
  • 好きな色 蘇芳色
  • 好きな音楽 アニソン
  • 好きなスポーツ バスケット
  • 尊敬する人 藤田まことさん

【花岡 環 概要】

花岡 環(はなおか たまき)。タレント・役者(養成中)。血液型はA型。身長は155cm。スリーサイズは上からB81 W68 H87。

愛称は「たまちゃん」。

1992年8月11日、千葉県で裁判所の検察審査会に勤務する国家公務員という非常に堅い父と専業主婦の母の間に産まれる。

特技はバスケやイラストを描いたり、小説の物語を作る事。

趣味について花岡は、アニメ鑑賞や小説を書くほかに骨壺や棺桶を見るのが好きという変わった趣味を持つ。

この骨壺や棺桶を見るという趣味について花岡曰く、「幼稚園の隣にあったお寺で度々葬式をやっており、その時見た棺と葬式の風景が美しく見え、置いてあった骨壷や棺桶がとても綺麗で、それ以来骨壺と棺桶を見ると安心する」らしい。

この事が後に葬儀屋でバイトをする事につながる。

演技は中学1年で演劇部に入ったが、本格的に興味が湧いたのは中学2年から。

その後色々なテレビや映画などを見るうちに、俳優の故・藤田まことさんに惹かれ芸能界を目指そうと考え始める。

しかしそれから4年経った高校2年の時、某大手養成所に合格した事をきっかけにバラエティにも関心を持ち始めたものの、費用が高く行けずじまい。

そしてこの時にテレビで世界の果てまでイッテQに出演しているイモトアヤコさんを観て、イモトさんの様になりたい!と思いはじめ、どうやったら事務所に入れるか模索し始める。

それから9年ほど経て26歳になった2018年にV-Creationからスカウトを受けて面談し、やる気・熱意・度胸・根性が評価され即日採用。

ちなみにこの面談の際、花岡と代表が共にイジメられっ子だった事で意気投合し、お互いにどんなイジメを受けたとか何年続いたとかそんな話で盛り上がり、面談とは全く関係ない方向へ脱線。

当初面談は1時間予定だったが大きくオーバーして4時間以上も喫茶店に居座ってしまい、代表が帰る頃には陽が完全に沈み、周囲は暗くなりつつあった。

後に代表は、「あの日は1時間程度面談して太陽が昇ってるうちに帰るつもりだったんだが、ついつい楽しくて話し込んでしまった」と語っていた。

そして現在に至る。

花岡には双子の姉がおり、幼稚園時代は姉以外の人物とはほとんど話す事が出来なかった。

そしてようやく小学1年くらいの時に姉以外の人物と話し始める事ができ、徐々に外界とのコミュニケーションが取れるようになったのもつかの間、小学2年でなぜか孤立してしまったという過去を持つ。

ちなみに中学に入学して1年生の時に演劇部に入部したが、入って早々先輩に噛み付かれてウザっと思った為、先輩を鼻で笑ったところ険悪モードに突入するという地雷も自ら踏んでいる。

また中学当時の演技力は先生に驚かれるほどのものだったが、花岡曰く「当時は他人と馴れ合うのが非常に馬鹿馬鹿しかったので上辺の笑顔しかしたことがなかった」らしい。

こういった経緯と、代表と意気投合するきっかけとなったイジメが小2から高校中退まで続いたことから、花岡の学生時代はほとんど友達がおらず人付き合い下手だったため、いまだに笑顔が苦手である。

しかしV-Creationに所属して以降、少しずつ笑顔が改善されつつある。

ちなみに笑うと右の歯が1本無いのは、男子とケンカしてグーで殴られた為。

この事に関して代表からは「女の子をグーで殴るなど男どころか人間ではない、ただのゴミだと思う。」との言葉を言われた。

【花岡 環について一言】

花岡 環をひとことで言い表すなら「変革怪人」。
彼女は自分自身を周囲と同化させる事無く、常に“変革”を追い求めるチャレンジャー。
綺麗さや可愛さよりも怪しさを好む「ストイックな変革怪人」。

【関連ウェブサイト】